【幸せへの3ステップ】この記事を読んだ直後から幸せになる方法

こんにちは、港です。

人生最大の課題と言っても過言ではない「幸せ」をテーマにお話ししていこうと思います。

皆さんにとって「幸せ」とはなんでしょうか。

お金持ちになることでしょうか。

社会的地位を確立することでしょうか。

もちろんそれが幸せだという人もいると思います。

幸せとは人それぞれなので何が正解という決まったのももありませんし、何が不正解というのもありません。

もし正解があるとするならば、「自分が正解だと思ったもの」が正解です。

また、「幸せ」に大きな影響を与えるのは何かという研究もあります。

それについてはこの記事幸せになるにはお金が大事?学歴が大事?いや、大切なのは○○です。で紹介していますので気になる方はぜひ読んでみてください。

話がだんだんと逸れてきてしまいましたが、今回お話したいのは「今日から幸せになるには」についてです。

「最近全然楽しくない」「何のために生きているのかわからない」

そう思ってしまっている方にぜひ読んでいただきたい内容となっております。

幸せになるための3ステップお話していきます。

はじめに

これから幸せになるために一度考えてみて欲しいことがあります。

それは「今日の良かった出来事5つ即答することができますか。」です。

もしあなたが今即答できなかったのなら、それはチャンスです。

悪いことばかり思いついてしまったのなら、それは寧ろチャンスです。

もしかすると即答できなかった方は「幸せのインフレ」が起こっているのかもしれません。

この記事を読んでいただくことで何か気づいていただけることがあるのではないかと思います。

それではぜひ最後まで読んでいただければと思います。

幸せとはレアものではない

最初のステップは幸せはレアものではないことに気づくことです。

幸せって特別で、手に入れるのが難しくて、レアなものだと思っていませんか。

私もそう思っていました。

幸せになるにはたくさんの努力が必要で、手に入れるのはとても難しいことなんだと思っていました。

ですが、それは大きな間違いです。

もし今実際に幸せが入手困難なレアなものだとしたら、それは自分がただ難易度を上げているだけにすぎません。

幸せは今この瞬間も何度も訪れ、気づかれることなく過ぎ去ってしまっています。

なぜ気づかれることなく過ぎ去ってしまうのでしょうか。

理由は2つあります。

1つ目は「幸せ」が「当たり前」になってしまっているから。

失ったときにはじめて気づくことになるやつです。

常に「変化」を求められる時代だからこそ、「当たり前」は目に留まらなくなってしまっているのかもしれません。

2つ目は幸せが「今」ではなく「未来」にあるものだと勘違いし、「いつか」幸せになりたいと思っているから。

今を一生懸命積み重ねたその先に「幸せ」があると勘違いし、その「いつか」のために幸せを先送りにしてしまっているからです。

ここで気づかなければいけないのは

「幸せは今この瞬間もあちこちに存在している」ということ。

目標達成のその先だけに幸せがあるのではなく、道のりの過程にも幸せがありふれているということ。

見逃してしまった幸せはありませんか?

幸せを未来志向から今思考へ

ここまでで「幸せ」のレア度を下げていただけたでしょうか。

次のステップは「未来志向から今思考」です。

今が幸せじゃない人に限って「今」から目を逸らしてしまいがちだと思います。

私がそうでした。完全に。

将来に不安ばっかり抱いて、将来の想像ばっかして。

そしたらあまり良い将来が見出せなくて落ち込んで、勝手に不幸になっていました。

自分なんてだめだ。

そう思って責めてばかりいました。

その時の私は「今」なんて眼中になく、将来のことばかり考えて、将来にすら幸せを見出せず、自分を惨めに思っていました。

はじめに私が皆さんにした質問「今日あった良い出来事5つ」をその時の私にしたらおそらく、

「今日?なんも良いことなんてなかったよ。0だよ0。」

そう答えていたと思います。

そりゃそうなんです。

「今」に集中していないのですから。

私たちは未来を過ごすことはできませんし、同じく過去を過ごすこともできません。

生きていられるのは「今」という次元だけなんです。

だからいくら未来に幸せを見出そうとしても、それはただの空想に過ぎません。

幸せになるには「今」に集中する必要があります。

「今」にしか生きられないのですから。

流行りの言葉でいうなれば「今」に全集中です。

過ぎ去る幸せを見逃さない

幸せになるために「今」に集中するとお話しました。

そして、最後のステップです。

ここでは、今までスルーしてきた幸せを全て見逃さずに回収していきます。

今まではもしかすると不幸を全て見逃さずに回収してきたかもしれません。

でも今からはその分の時間を全て幸せを回収する時間に費やします。

はじめの質問にまた戻ります。

「今日の良い出来事を5つ挙げてください。」

時間がかかっても全然かまいません。

5つ挙げてみてください。

例として私の5つですが、

・朝いつもよりも目覚めが良かった。

・仕事で「やばい、やらかしたかも!」と頭をよぎった自体が起きなかった。

・週末にめちゃめちゃ楽しみな予定ができた。

・すごい良い言葉に出会えた

・夜ご飯がめちゃめちゃおいしかった(ここは私にとって不動の幸せポイントです。笑)

ですかね。

5つにしましたが、私は毎日寝る前に10個は数えるようにしています。

どれも些細なことかもしれませんが、間違いなく確かな幸せです。

この幸せを見つけられるか、見逃すか

これが本当に大切なことです。

今元気で健康なこと。

ご飯がおいしいこと。

天気が良いこと。

風が気持ちいいこと。

あたりまえだと見逃しているところにこそ、幸せは潜んでいます。

何かが欠けていたって他でカバーできます。

その都度、小さな幸せを見つけ出し、感じることが私たちが生きていく上で本当に必要なことです。

今まで見逃してきた幸せを一つ一つ気づいていくことができたら、きっといつか大きな幸せになっています。

塵のように小さい幸せで山のような幸せを掴みましょう。

誰にだってできます。

些細な出来事も幸せと認識することさえできれば。

おわりに

「幸せとは作るものではなくて、気づくこと。」

私の大好きな言葉です。

嫌なことばかり考えたり、逆に欲深く自分の利益ばかり考えたりすると、存在しているはずの小さな幸せたちは私たちの視界には入ってきません。

どんな小さなことにも感謝をする。

どんな小さなことにも幸せを見出す。

これがとても重要ですが、私たちが忘れがちになってしまうことです。

誰かからの「おはよう」の一言に幸せを感じることができたら、その時あなたの周りにはたくさんの幸せで溢れていることだと思います。

この記事があなたの役に少しでも立てたのなら幸いです。

以上、港でした。