田舎から上京した普通の会社員ミナトが運営するブログ

努力だけが天才に勝つ唯一の方法ではない。其の弐

こんにちは。港です。

前にも「努力だけが天才に勝つ唯一の方法ではない。」の記事を書きましたが、今回は、其の弐ということでお話していきます。

一つ目の方では、天才に勝つための戦略的な内容でお話しました。

ぜひそちらも読んでいただけると、自分なりの戦い方を見つけることができると思います。

今回話す内容は、現代のスキルとしてとても重要視されている部分でもあります。

これを身につければ、単純に天才と渡り合えるだけでなく、社会からも評価されるようになります。

ぜひ最後までお読みください。

はじめに

「天才」という壁を超えるために、何度も立ち向かったことでしょう。

そして何度も悔しい思いをしたことでしょう。

それでも諦めずに自分を磨き、あらゆる方法を考えている。

そんな中この記事に立ち寄ってくださったというなら、私も適当な記事は書けません。

少しでもあなたの役に立てるように精一杯書きます。

周りの格上達に勝つために。

前回は、自分自身の戦略について書きました。自分の戦い方を見つけるという内容です。(「努力だけが天才に勝つ唯一の方法ではない」)

ですが、今回は、自分ではなく周り。

周りに影響を与えて、巻き込んでいく力を持つことで、格上に勝つという方法です。

それではいきましょう。

巻き込み力とは

巻き込み力とは、自分だけでは達成できないことに対して、周りの人の力を借りながら、上手に巻き込んで、目標に向かっていくという力のことです。

それじゃあ、周りに頼っているだけで、自分の力じゃない。

そう思われるかもしれません。

ですが、違います。

巻き込み力というのは立派なスキルです。

そのスキルが乏しければ、存分に周りに力を借りることはできません。

ただ、「助けてー」と力を借りる勇気があるかないかではないのです。

想像していただきたいのは軍師です。

あなたは、軍師と聞いて、周りに頼ってばかりで自分じゃ何もできない人間と思うでしょうか。

それよりも戦略を練って、効率よく人を動かせる人間というイメージの方が強いのではないでしょうか。

「周りに頼ってるだけで自分の力じゃない。」と思う方は軍師をイメージしていただけるとわかりやすいと思います。

巻き込み力を身につけると、圧倒的に仕事が楽になります。

そして多くの仕事に取り組むことができるようになります。

多くの仕事を経験できるため、成長も早いです。

周りに頼っているつもりでも、自分の力に確実になっています。

良いことだらけですので、身に着けない手はありません。

巻き込み力の3つのポイント

巻き込み力を身につける上で主に3つのポイントがあります。

1つ目は、周りに頼る勇気を持つことです。

これは簡単そうに見えて意外と難しいことです。

「自分の仕事は自分がやるべき」そう思っている人が多いからです。

確かに今までは、自分の仕事を自分で完璧にこなす人=仕事の出来る人だったかもしれません。

ですが、働き方改革により、残業が減り、効率的に行うことが重視されている世の中では、個人プレーには限界が来ています。

5人が個々の力で合計100の仕事をするのではなく、5人が協力して120の仕事をする方が効率的なのです。

そのためには、周りに頼る勇気が必要です。

2つ目は、自分の目標にまっすぐ向き合っていることです。

つまり、周りに「助けたい」「自分もやってみたい」そう思わせることができるかどうかです。

周りを巻き込むためには、まず自分が目標に対して本気であり、まっすぐ向き合っている必要があります。

自分は適当にやっているくせに、周りに頼ってくる人なんて、誰も助けたいと思いませんから。

ですので、巻き込む前に自分が周りの気持ちを動かすほどに本気で取り組むことです。

3つ目は、割り振りをしっかりと考えていることです。

誰に何をやってもらうかというところです。

これは周りの力を発揮する上で非常に重要なポイントとなります。

これが疎かになっていると効率よく周りに力を借りることはできません。

ここが核と言っても過言ではありません。

考えるべきことは、「ゴールまでに何をしなければならないか」「自分と周りの強み弱み」です。

まずは、ゴールまでにしなければいけないことを考えだします。どうすれば、ゴールにたどり着けるかということです。

そして次は、自分と周りの強み弱みを理解することです。

あとはこれら2つを結びつけます。

ゴール到達までにしなければいけないことの中で、自分の強みが活かせるところは自分でやります。

それ以外の自分の弱点となっているところは周りに任せます。

周りに任せる中でも、それぞれの強みが発揮できるように割り振ります。

この割り振りを徹底して決めることで、てきとーに割り振るよりも圧倒的に効率がUPします。

この力を発揮する前に注意点!

この力を発揮する前に注意点があります。

ここは本当に重要なポイントです。

それは、人を大切にするということです。

人を大切にしない人は周りも助けてくれませんし、助けたくもありません。

「都合のいいやつ」として見られてしまいます。

自分が助けてもらいたいなら、自分がまずは助けてあげる。

自分が周りを気にかけてあげる。

こういったことが大切になります。

また、日々のコミュニケーションや挨拶などの、小さいけど当たり前のことを大切にしていきましょう。

綺麗ごとではありません。

信頼は日々の積み重ねです。

ちなみにですが、人を大切にすることについてはこちらの記事でも書いてありますので、ぜひ読んでみてください。→「人生で重要なのは人を大切にすること

おわりに

いかがでしたでしょうか。

天才は確かに天才です。

ですが、「天才には勝てない」

そう決まったものでもありません。

天才と同じ戦い方ではなく、自分の戦い方で勝負していきましょう。

活路は必ずあります。

巻き込み力はその一つだと思います。

そしてこれはこれからの時代に注目されているスキルです。

今では、面接でも聞かれているようです。

それくらい求められているもののようですね。

ぜひ巻き込み力身につけてみてください。

このブログがあなたの役に少しでも立てたのなら幸いです。

以上、港でした。