田舎から上京した普通の会社員ミナトが運営するブログ

後悔はした方が強くなる。

こんにちは。港です。

皆さんは今までの人生で後悔したことはありますか?

生きていれば、1度や2度。いや、それ以上あるのではないでしょうか。

私はたくさんあります。

「なんであんなこと言っちゃったんだろう。」

「なんであんなことしたんだろう。」

「もっと〇〇しておけばよかった。」

今までの人生後悔だらけです。(笑)

後悔には二種類あり、良い後悔と悪い後悔があると思っています。

そして、後悔は自分次第で良い後悔にもなれば、悪い後悔にもすることができます。

人生は確かに後悔の連続かもしれません。

ですが、その後悔は絶対に役に立つ。

絶対にあなたを強くする。

そう、良い後悔にすることができれば。

悪い後悔とは

先に悪い後悔についてお話していきます。

悪い後悔とは、自分がしてしまった過ちを許せず、ずっと引きずっている状態の後悔です。

「なぜあんなことしたんだろう」と過去ばかりに目を向けて次に進むことができずに落ち込んでいる状態のことです。

例えば、仕事で失敗したときのことを考えてみてください。

「なんであらかじめミスに気が付けなかったんだろう。」

と思ったとします。よくある後悔ですね。

でも悪い後悔はここで、「過去に戻れたらな。」「自分には向ていないのかもしれない。」「自分はだめな人間だ。」とマイナスなことばかり考えてしまいます。

この悪い後悔はしてはいけません。

自分を傷つけるだけだからです。

自分の感情がどんどん良くないほうへ行ってしまうため、この過去を嘆くだけの後悔は良くありません。

では、次に良い後悔についてお話していきます。

良い後悔とは

良い後悔とは、自分がしてしまった過ちを受け入れ、次に繋げることができる後悔です。

犯した過ちからきちんと学んで次はしないように行動することを指します。

先ほどと同じように、仕事で失敗したとします。

まずは悪い後悔と同じく「なんであらかじめミスに気づけなかったんだろう」と考えるとします。

悪い後悔では、過去から抜け出せず自分を責めていました。

良い後悔では、目線を過去ではなく未来に向けます。

「次同じミスをしないようにするにはどうしたらいいだろう。」

と失敗から学ぶことを考えます。

失敗を次に活かそうとするのが良い後悔です。

よく失敗は成功の基っていいますよね。

なので失敗はどんどんしろ!と言われます。

ですが、「後悔」となるとなぜか「してはいけない」と思いがちです。

そうではなく、失敗も後悔も同じです。

「後になって悔やむ」のなら、その先は悔やまないよう努力すればいいだけです。

誰だって後悔はする

誰だって後悔はします。

人生後悔の連続です。

でも大切なのは後悔した後です。

後悔を栄養に変えることができる人もいれば、後悔を自分の行動範囲を狭める鎖に変えてしまう人もいます。

ですが、運のいいことに栄養に変えるのも鎖に変えるのも選択権は全て自分にあります。

あなたが栄養に変えたいと思い行動するのであれば、後悔は栄養となってあなたを強くしてくれます。

逆に鎖に変えてしまったのなら、あなたはどんどん動きにくくなります。

後悔をしてしまったとき、「誰だって後悔はある」とまず自分を受け入れてあげましょう。

そこから、どう活かして、どう学んでいくかです。

その後悔は絶対にあなたを強くします。

おわりに

ここまで読んでくださった方ありがとうございます。

後悔について理解したような言い方ばかりで少し気に障った方もいるかもしれません。

気分を害してしまった方、大変申し訳ありません。

ですが、実は今回は自分に言い聞かせている記事なんです。

過去に囚われて将来に不安を抱いてばかりいる自分に言い聞かせるように記事を書きました。

はじめにも書いたように今までたくさんの後悔をしてきました。

その度に落ち込んで、溜め息ついて。

でもいつまでもこのままじゃいけない。そんな自分を変えなきゃいけない。

そうやって考えて考えてたどり着いた後悔との向き合い方が今回お話した内容です。

後悔がない人生なんてもしかしたら難しいかもしれない。

そう思いました。

なら、後悔から学んで自分の成長に繋げることができれば、後悔はきっと悪いものじゃなくなる。

そう思いました。

これからも私は後悔を重ねていくかもしれません。

ですが、自分を責めてばかりいる後悔はもうやめにします。

後悔で自分を強くできる人間になります。

後悔はきっと人生にいい味をだしてくる。

だから後悔をもっと受け入れてあげよう。

最後に私の話ばかりになってしまいました。

申し訳ありません。

私みたいに後悔に悩んでいるあなたの役に少しでも立てたのなら幸いです。

~余談~

最近高校の友達と会いました。

ペースで言うと3か月に1度くらいのペースで会うのですが、そこであることに気が付きました。

会話の内容が高校の頃と全く変わっていないということです。

高校での出来事を毎度毎度飽きずにずっと話し続けているのです。

何が面白いのでしょうか。

普通もう飽きるはずなのに、毎度同じタイミングで笑いが起こるんです。

皆さん目線でいくと非常に頭悪そうですよね。(笑)

私もそう思います(笑)

でもそんな風に毎回「あの頃」に戻って話せるっていいなぁとふと思いました。

そんな余談でした。

余談まで読んでくださった方、ありがとうございました。