【動物保護のために寄付をお考えの方へ】信用できる支援団体をとその活動をご紹介します。

・・・
港(ミナト)
どうしました?
寄付を考える犬
今回は「動物保護」について寄付できる団体教えてくれない?
港(ミナト)
分かりました!では、「信用できる団体」の定義は前回と同じく以下の通りで、ご紹介しますね!

<信用できる支援団体の基準>

・運営者や活動者の名前がはっきりと明記されている団体
・活動報告を定期的に行っている団体
・寄付の使い道を明記している団体
この記事でご紹介する団体は全て上記3つの基準をクリアしている団体です。
それでは、見ていきましょう。

動物保護について

犬や猫が1日あたりどのくらい殺処分されているか知っていますか?

実は、

1日100匹以上
の犬や猫が殺処分されていると言われています。(2018年データ)
しかし、2008年では、1日あたりおよそ750匹が殺処分されていたようなので、年々減少傾向にはあるようです。
なぜ殺処分となる動物がうまれてしまうのでしょうか。
それは、
  • 飼い主がペットを捨てるから
  • ペットショップが倒産したから
  • 悪質なブリーダーが繁殖を行いすぎたから

などが考えられます。

上記からわかるように、ほとんどの理由が、人間にあります。

生き物の命が失われる理由が人間の都合だなんてあってはいけません。
だからこそ、動物の保護活動が大切になります。
この記事では、動物保護の活動をしている団体を3つご紹介いたします。
殺処分が年々減少傾向にあるのは、動物保護団体のおかげが大きいようです。
この記事では、動物保護のために活動している団体を3つご紹介いたします。
ぜひ最後までお読みください。

動物保護のために活動している支援団体3つ

では、本題の支援団体を次の3つご紹介いたします。

  • 公益財団法人 日本動物愛護協会
  • 公益財団法人 どうぶつ基金
  • 公益社団法人 アニマル・ドネーション

支援団体①:公益財団法人 日本動物愛護協会

日本動物愛護協会 寄付

はじめにご紹介するのは日本動物愛護協会です。

日本動物愛護協会は「今をいきている命は幸せに、不幸な命は生み出さない!」をスローガンに、幸せな動物を増やす活動をしています。

主な活動は、

動物の命を守る活動
命の大切さを知ってもらう活動
社会への提言活動
の3つです。

動物の新しい家族を探す活動や不妊去勢の手術代の助成などの動物の命そのものを守る活動だけでなく、殺処分対象になってしまう動物の数を減らすため、「飼い主」となる人たちへの呼びかけなども行っています。

寄付の仕方としては、

今回だけ寄付(1000円~)
毎月寄付(1000円~)
の2種類があります。

詳しくは以下のリンクをクリックしてみてください。

支援団体②:公益財団法人 どうぶつ基金

どうぶつ基金 寄付

公益財団法人  どうぶつ基金は犬や猫の不妊手術奨励事業や動物愛護思想の普及啓発事業を行っている団体です。

飼い主のいない猫に無料で不妊手術を行うことで、殺処分の対象となってしまう動物を0にしていくため活動を行っています。

不妊手術はこれまで13万頭行ってきたようです。

その活動もあり、殺処分は実際に年々減少しています。

本当に殺処分が0になる日も近いのかもしれませんね。

ただ、「無料」で手術を行っていくには「寄付」が必要不可欠となります。

殺処分となってしまう猫を0にしていくためにもどうぶつ基金への寄付を検討してみませんか。

寄付の仕方としては、

今回だけ寄付(1000円~)
毎月寄付(1000円~)
の2種類がありますので、まずは1度だけという方も安心して行えます。
少しでも興味を持っていただけた方は以下のサイトよりご参照ください。

支援団体③:公益財団法人 アニマル・ドネーション

アニドネ 寄付

アニドネは「日本の動物福祉を世界トップレベルに」をミッションに掲げ、人と動物が良きパートナーとして、共に幸せに暮らせる社会を作っていくために活動をしています。
このブログでは多くの団体をご紹介してきましたが、アニドネは「団体」をサポートする団体です。
ですので、アニドネに寄付をすると動物保護活動を行っている団体にその寄付金が送られることとなります。
動物保護のために寄付をしたいけど、よくわからない。
という方は、アニドネに寄付をすることで、バランスよく日本の動物福祉向上の支援を行うことができます。
アニドネが支持している団体としては、
保護団体
介在団体
伴侶団体
啓発団体

の4種類あり、アニドネが認定しているすべての団体にまとめて寄付をすることもできますし、分野を絞ってどれか1つに寄付をすることもできます。

また、分野だけでなく、寄付する団体を選ぶことも可能です。

寄付の仕方としては、

今回だけ寄付(1000円~)
毎月寄付(1000円~)
の2種類があります。

もっと詳しく知りたいという方は、下のリンクからご参照ください。

おわりに:動物保護を支援するためには寄付は不可欠!

今回は「動物保護」をテーマに支援団体をご紹介いたしました。

たまにペットショップとかで動物を見てるとやっぱり「かわいいなぁ」と思うのですが、

もし売れなかったらこの子たちはどうなっちゃうんだろう。

と少し悲しい気持ちにもなります。

人間都合で命が左右されてしまうなんてあってはいけませんよね。

だからこそこういった活動を支援していかなければならないと思います。

まずは1回だけでも少しの金額から始めてみませんか。

この記事が誰かの行動に繋がると幸いでございます。