「人生やり直したい…」は可能。2つの「知っておくべきこと」と4つの「やるべきこと」

人生やり直したい。

「人生やり直したい」と後悔だらけ。

何にも努力せずに時間だけが過ぎてしまった日々。

経験もない。

スキルもない。

将来への希望さえもない。

あぁ、あの時頑張っていればなぁ。

人生やり直せないかなぁ。

と、もしあなたがこんな悩みを抱えているなら、ぜひ読んでいただきたい内容です。

人生は”今から”やり直すことが可能です。

この記事では人生をやり直したい人が次の内容について詳しく解説していきます。

  • 知っておくべきこと
  • やるべきこと
  • 実際に成功した大器晩成型の有名人の紹介
  • やる気の出る名言

ぜひ最後までお読みください。

人生やり直したいなら知っておくべきこと。

「人生やり直したい」と思ったときに溢れ出てくる感情。

それは「後悔」「焦り」そして「不安」です。

この3つの感情が自分を苦しめてきます。

その結果「やり直したくてもやり直せない」と勘違いを起こしてしまうのです。

行動できなくなる前に知っておくべきことを解説していきます。

知っておくべきことその1:年齢を気にするから後悔するし、焦る。今からでも遅くない。

人生をやり直したいと考えてしまう一番の原因をご存じですか?

それは「年齢」です。

年齢を気にするから「○○歳なのに、何も成し遂げていない」だとか「社会的に考えて、○○歳から始めるのは遅い」とか考えてしまうのです。

しかし、今は人生100年時代。

20歳、30歳、40歳、50歳それぞれ人生のうち20%、30%、40%、50%しか終えていません。

50歳でもまだ半分の50%なんです。

「何を焦ってるんだ、小童が。」と思いませんか。

何歳でもやり直せる年齢です。

やりたいことに年齢なんて関係ありません。

確かに、年齢制限があるものもありますよ。

例えば、サッカー日本代表U18に30歳でなりたいと思っても、絶対になれません。

しかし、今やろうとしていることに年齢制限はありますか。

自分が勝手に「難しい」と決めているだけではないでしょうか。

知っておくべきことその2:「人生やり直したい」は誰もが抱える悩み。悪いことではない。

人生をやり直したいと感じるのは珍しいことではありません。

誰しも一度は抱えたことがある悩み。

それが「人生やり直したい」だと私は思っています。

所詮我々は人間なのですから、後悔のない人生を送ることなんて不可能に近いんです。

毎日たくさんの選択をしなければならない人生で、1度も選択をミスらないで進める人なんていません。

「あぁあの時こうしていれば。」なんて思うのは当たり前です。

そして何より、そう思えるのって成長だとは思いませんか?

あの頃の自分では気づけなかった「人生の無駄」や「選択のミス」

これらに気づけるのは間違いなく自分が成長したからです。

「人生やり直したい」と思うのは成長を実感するべきときとも言えるでしょう。

そして、「あの時やるべきだったこと」は今やるべきこと。

今気づけたことなので、今やるべきなんです。

気づいていない過去の自分にやらせようとしても意味がありません。

「人生やり直したい」と思えたことを「成長」と捉え、「今」行動していきましょう。

人生やり直したいならやるべきこと

人生やり直したいのは誰もが経験すること。

しかし、「じゃあ放っといてもいいや」なんて思いませんよね。

思いつめすぎないよう、悩みすぎないように知っておくべきこととしてお伝えいたしました。

ここからお伝えするのは「やるべきこと」です。

今を変えるため、なりたい自分になるために必要なことをお伝えできたらと思います。

やるべきことその1:過去へのを囚われを捨てる。

まずは、「過去への囚われを捨てる」です。

頑張ったけど、報われなかった過去。

努力できなかった過去。

それぞれやり直したいと思う理由があります。

しかし、その過去に囚われ、自信を無くし、後悔でいっぱいだとやり直したいと思っていてもやり直せません。

後悔は誰もが経験すること。

囚われている過去を「あたりまえのこと」だと受け入れ、今からまた新しく始めましょう。

やるべきことその2:不安や恐怖を認める。

人生やり直したいと思っても、「今までできなかった自分にできるのだろうか」と不安や恐怖を抱くことでしょう。

マイナスな感情を払拭しようと努力しても、なぜか増幅してしまいます。

困ったもんですよね。

本当にやらなければならないのは不安や恐怖を感じている自分を認めること。

認めたうえで人生やり直す決意をするのです。

そうすれば、不安や恐怖は時に自分の武器になり、時に背中を押してくれるでしょう。

やるべきことその3:世間体を気にしない。

やり直そうと思うと、どうしても世間体を気にしてしまいます。

今更になって何かを始めようとしていることに恥ずかしさや屈辱さを感じることもあるでしょう。

例えば、30歳で夢が出来た場合。

「この年で「大学に行く」なんて変な目で見られる・・・」と思ってしまいますよね。

しかし、人生をやり直すうえで、「世間の目」は邪魔でしかないのです。

「世間の目」で行動が変わるなら人生を変えようと思っても変わりません。

自分に本当に必要なことを見き分け動き出すことが重要です。

やるべきことその4:行動する

最後は行動する。

これが何よりも大切なことです。

行動しないと変わりません。

ここまでで紹介した3つの「やるべきこと」は行動するために必要なことです。

すべては行動するためにやるべきこと。

そのため、行動しなければ、3つの「やるべきこと」は大きな意味をなしません。

どんな小さな一歩でも踏み出してみる。

これが人生をやり直すうえで本当に重要なことです。

まずはやってみて、続けるべきかやり方を変えるべきか判断する。

それを繰り返していくうちに、経験値や知識が積み重なり、気づけばすごい距離進んだことに驚くことでしょう。

人生やり直したいときにやる気が出る5つの名言。

人生をやり直したい。

そんなあなたの背中を押してくれる名言を5つご紹介します。

名言1:スティーブ・ジョブズ「キャリアではない。私の人生なんだ。」

「キャリアではない。私の人生なんだ。」

今までどのくらいのキャリアを積み重ねて地位を確立してきたか。

現代社会で求められることかもしれません。

しかし、キャリアのために頑張るのなんて勿体ない。

自分の人生を最高にするために頑張るんだ。

そう思わせられます。

評価なんて気にせず、どう生きていきたいか。

その思いを大切にして進んでいきたいですね。

名言2:ヘンリー・フォード「あなたができると思えばできる。できないと思えばできない。どちらにしてもあなたが思ったことは正しい。」

「できる」そう信じて前に進むこと。

これが重要だと思わせられます。

やりたいことを「できる」と思えれば、行動に変わり、実現に近づきます。

逆に「できない」と思えば、行動せず、実現はされません。

どちらも思った通りになるということです。

どちらも正しいなら、あなたはどちらを選びますか?

迷わず答えは1つ。

ですね。

名言3:ボーヴォワール「あなたの人生を今日から変えなさい。未来に賭けてはいけません。今すぐに行動を起こすのです。」

「いつかきっと」と変わること実現したことを先延ばしにしていては、いつまで経っても「いつか」は訪れません。

「いつか」のままで終わらせないためには今すぐに行動を起こすしかありません。

今日の行動が明日を変え、明日行動が明後日を変えます。

その積み重ねが「いつか」を大きく変えるでしょう。

人生をやり直したいなら「今日から」です。

名言4:マザー・テレサ「神様は私たちに成功してほしいなんて思っていません。ただ、挑戦することを望んでいるだけよ。」

「人生やり直して大逆転するぞ!」と思うのは悪いことではないと思います。

しかし、それがプレッシャーとなり、焦りとなるのならもっと軽く考えましょう。

成功という結果を求めず、挑戦の過程を良く生きる。

それが、本当に大切なことです。

自分の人生を振り返ったとき「やりきった」そう誇りを持てる人生を送りたいですね。

名言5:ボブ・マーリー「自分の生きる人生を愛せ。自分の愛する人生を生きろ。」

今までは自分の人生を愛せなかったかもしれません。

しかし、これからは違います。

今から人生を変える一歩を踏み出すのですから。

一歩踏み出した自分を愛し、愛した自分の人生を生きていきましょう。

大丈夫です。

「やり直す」気持ちがあるのなら、自分の人生はすぐに愛せます。

まとめ:「人生やり直したい」と思った瞬間が始まり。

人生はいつからでもやり直すことができます。

やり直せない理由はいつも自分が生み出し、自分が壁となるのです。

何にも囚われず、ただ思った通りに進む。

そうすれば今この瞬間からやり直していけるでしょう。

私もまだまだ未熟な人間。

お互い、いや一緒に?頑張っていきましょう!!

この記事があなたの役に少しでも立てたのなら幸いです。